安全な永久脱毛方法

医療レーザー脱毛は、黒色にのみ反応するレーザーの特質を生かした脱毛方法なため皮膚組織にダメージを与えることなく毛根の照射を行い、毛の成長を根絶することができます。医療用レーザーの脱毛により、自宅で行うカミソリや脱毛クリームなどの自己処理により肌を荒らしてしまうこともありません。毛の生え変わり周期に併せて1年~1年半の期間、今季よく脱毛を継続することで、半永久的に毛根の根絶をすることが可能なのです。嬉しい事に、レーザー脱毛の場合の痛みはかなり少ないと言われています。その痛みは輪ゴムをはじいた程度の感覚といわれている程度。

さらに自宅によるセルフ脱毛による肌ダメージが減ることにより、美肌効果が得られるのです。脱毛後は毛穴がすっかりとふさがり肌のきめが細かく、毛穴も目立たなくなる方がほとんどです。このように、脱毛によりお肌に与える好循環は女性にとってのあこがれですね。短い期間で永久脱毛を実現できる医療用レーザーは、その照射能力が高い分、トラブルがあった際に被るデメリットも大きくなると考えられます。レーザーによる施術を受ける前にでお試し照射をしてもらう等、リスクを軽減するために有効な方法をあたっておくことは重要ですね。実際に処置を行う前に、その痛みや自分の肌への影響力をしっかりと見極めるのがよいでしょう。

万が一、医療用レーザーの照射が自分には強すぎると感じる場合、その照射能力をある程度低く制限してもうらうことは可能ですが、より照射能力の低い、エステ機関をあえて利用するという方法も有効といえるでしょう。自分の肌や毛根に一番有効な脱毛方法の選択が最も好ましいと考えましょう。